求人広告代理店
World Cheersワールドチアーズ

海外ビジネスをお考えの企業様、人手不足にお困りの企業様、1万8千名以上の外国人留学生へ無料で広告配信

0000468787.jpg

HOME ≫ 外国人留学生のアルバイトの資格外活動許可って何

外国人留学生のアルバイトの資格外活動許可って何

外国人留学生のアルバイトの資格外活動許可って何

年々日本に外国人留学生が増えていてアルバイトをしている外国人留学生もよく目にするようになってきました。
外国人留学生など日本に来る外国人には『在留カード』が発行され、ビザの代わりにもなります。外国人留学生が持つ在留カードの表には『就労不可』と記載されています。
『就労不可』と記載されているのに何故、外国人留学生は働けるのでしょうか。
基本的に在留資格が『留学』の場合、学業が本業であり日本に滞在する理由は『学業』であるため働くことが目的ではありません。
在留カードに記載されている『就労不可』と記載されているビザにはいくつかの種類があります。
「文化活動」、「短期滞在」、「留学」、「研修」、「家族滞在」があり、このうちの
「留学」と「家族滞在」の場合、『資格外活動許可』を得れば働くことが可能になります。
その他は『資格外活動許可』を取得できないので注意しなければなりません。
外国人留学生が働くにはまず『在留カード』があり、在留資格『留学』であり、就労制限の有無が『就労不可』になっていて、在留カードの裏面の資格外活動許可欄に『許可:原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く』と記載されていれば、働くことが可能になります。
資格外活動許可書の取得するとき、注意すべき点が大きく分けて3つあります。
 
1、資格外活動許可書はどこで手に入れるかの注意点
資格外活動許可は入国管理局で取得できます。そのときに必要な書類が
・資格外活動許可申請書
・パスポート
・在留カード
資格外活動許可申請書はダウンロードして簡単に手に入ります。
この3点が必ず必要になりますので、忘れないよう注意しなければなりません。
最近では来日して空港で手続きができるのでスムーズに取得することができます。
もし空港で手続きが出来なかった場合は、お住まいの近くの管轄している入国管理局へ行く必要があります。在留資格が家族滞在の時も同様です。
 
2、資格外活動許可書を取得するとき、お金に関する注意点
資格活動許可書の取得手続きを代行して料金をとっている業者がいます。
基本的には資格外活動許可書を取得する際、料金はかかりません。
そして手続きも非常に簡単です。まだ記載していない資格外活動許可申請書と就労不可と記載された在留カードとパスポートを入国管理局に持って行けば資格外活動許可申請書の書き方も教えてくれます。さらに代行業者に在留カード、パスポートなど自分の個人情報を教えてしまうことにもなりますので注意しなければなりません。
手続き代行業者は十分注意する必要があります。
 
3、資格外活動の働くことができる時間の注意点
在留資格が『留学』の外国人留学生で就労の許可がある者は働く時間が定められています。
1週間28時間の労働を越えてはならない、長期休暇の場合(夏休み、冬休み、春休み)
1日8時間、1週間40時間を越えないよう十分注意しなければなりません。
これを違反してしまった外国人留学生は在留資格の更新ができなくなり、強制帰国になることもあります。
雇用側にも罰則があります。
 
 
この3つの注意点を把握していればスムーズに手続きでき、トラブルにもならず、気持ちよく日本生活を送ることができます。
外国人留学生のアルバイトの資格外活動許可とはなにか、それは在留資格が『留学』で外国人留学生が日本でアルバイトをする場合に必要な資格です。
よく勘違いされるのが、在留カードの表に『就労不可』と記載されていることで、働くことができないと判断してしまう場合も少なからずあります。
在留資格が『留学』に対しての『就労不可』となっていて、それでも働くことができると記載されているのが裏面の『資格外活動許可』になります。
この『就労不可』という文字にも十分注意して判断をしなければなりません。
外国人留学生が働けるか働けないかは『資格外活動許可書』の有無で決まります。