求人広告代理店
World Cheersワールドチアーズ

海外ビジネスをお考えの企業様、人手不足にお困りの企業様、1万8千名以上の外国人留学生へ無料で広告配信

0000468787.jpg

HOME ≫ 外国人留学生をアルバイトとして募集する場合、斡旋で失敗しない方法

外国人留学生をアルバイトとして募集する場合、斡旋で失敗しない方法

外国人留学生をアルバイトとして募集する場合、斡旋で失敗しない方法

外国人留学生をアルバイトとして雇用する際、斡旋業者、求人広告の2種類があります。今回は斡旋業者を活用した場合失敗しない方法を説明していきます。
外国人留学生を扱っている斡旋業者は主にベトナム人留学生が登録していて、日本語能力が満たない者も多いが斡旋業者は採用後のサポートも手厚く、すぐに対応もしてくれます。
そしてなによりもコストが安いことです。日本人を1人雇うのに平均10万円といわれているのに対して、外国人留学生をアルバイトとして雇用する場合、1人5万円以下で雇えてしまうのです。
(外国人留学生を扱っている求人広告も同じ価格)
こんなに素晴らしい斡旋業者にも関わらず、外国人留学生のアルバイトを斡旋している多くの会社は潰れてしまっているのが現状です。
 
人手不足だからといって誰でも雇ってしまう
斡旋業者を利用する際、本当にやりたい仕事なのかどうかということです。
日本人を斡旋する場合は、事前にやりたい職種を聞き、斡旋業者はその職種、もしくはできるだけその職種に近い仕事を紹介します。
しかし外国人留学生アルバイトの場合、特に日本語能力があまりない者は、とりあえずどこでもいいから働きたいという方がほとんどです。
どこでもいいから働きたいという気持ちは非常に良いことです。
しかし雇用した後、たいていの外国人留学生でアルバイトしている方は「本当はこの仕事をしたくなかった」と、
最初の働きたいという気持ちが違う方向にいってしまい、不満が募り、長続きせず、突然やめてしまうことが多々あります。
とにかく働きたいという気持ちはありますが、やりたい仕事ではないのです。
そのため負の連鎖が起きてしまっているのです。
まず求職者(外国人留学生)は無料でアルバイトを紹介してもらいます。外国人留学生にとっては紹介してくれるのは当たり前です。しかしうまくマッチングしたときは非常に頑張りますが、日本語能力があまりない者はなかなかやりたい仕事に就くことが出来ません。
とりあえず働ける場所を紹介されます。
次に斡旋業者は外国人留学生に対してどんなアルバイトがしたいか聞き、やりたい仕事のレベルに達していなければその仕事を紹介できません。そのため働けそうなところに紹介してしまう。
雇用する企業は外国人留学生と面接するとき、求職者の本心を引き出せていないのです。
主に日本語能力と雰囲気(愛嬌がいいか笑顔がいいかなど)を意識して採用しているパターンが非常に多いです。もちろんそれは非常に大事なことです。
プラス、なぜここで働きたいのか、ここで働いて将来やりたいことに繋がるのか、求職者にとってここで働くメリットはなにかを引き出すことが非常に大事なのです。
 
外国人留学生がやりたくないアルバイトをやることで不満が募り突然やめる。
雇用している側はこの穴を埋めなければならない。斡旋業者、外国人留学生アルバイトに対し信用をなくす。
斡旋業者は突然やめた者に対し連絡、フォローをする。その企業に謝りにいかなければならない。
そうならないために斡旋業者を活用する際は求職者に対し面接で、やりたいことなど本心を引き出しましょう。負の連鎖を起こしてしまわぬよう、しっかりと外国人留学生と向き合うことです。面接が一番大事です。
 
外国人留学生 アルバイト紹介料の安さ
外国人留学生をアルバイトとして雇用する際、斡旋業者を使って企業にトラブルがあった場合、斡旋業者がトラブルの対処などしてくれます。しかしその対処などのコストがかかり、対応もいっぱいになり、潰れている斡旋業者も多々あります。なぜ潰れてしまうのか、先ほど述べたように負の連鎖が起きているのもそうですが、さらに外国人留学生アルバイトの紹介料の安さも原因の1つです。1人3.5万円~5万円で紹介しており(能力に応じて誤差あり)、採用されるまでの経費もそれなりにかかります。なによりも斡旋業者の場合、採用後の外国人留学生のアルバイトのトラブル、フォロー、サポート面で負担が多くなっています。
斡旋業者はそのようなサポートも提供しているので雇用している側はトラブルがあったとき斡旋業者に頼むのです。外国人留学生をアルバイトとして雇用するのは多少不安があるので、このようなサポートは雇う側としては非常に都合の良いサポートにもなります。
斡旋業者としても外国人留学生を雇う側の不安を拭い去る営業ツールとして紹介しやすいですが、雇う側としてはトラブルなど自分自身で解決していく意志が弱まります。
これも同様、負の連鎖を起こしてしまうのです。
 
斡旋業者を使って外国人アルバイトを募集する際は、求職者としっかり面接する、斡旋業者には、サポートの内容をしっかり把握し、事前にトラブルを防ぐ方法なども話し合いをすることです。
 
一番良い方法は
日本人を雇用するなら・・・・・・『斡旋業者』
外国人留学生を雇用するなら・・・『外国人専門の求人広告』
 
外国人留学生のアルバイトを募集する際失敗しない方法です。今回ご紹介したことが一気に省くことができます。求人広告はその仕事をしたいという外国人留学生が集まります。
採用後のトラブルのサポートはありませんが、求人広告代理店も信用を保ちたいので、教育方法、トラブルが起きた時の対処法など事前に伝えています。
コストも斡旋業者と変わらないので非常に効率がいいです。
 
外国人留学生をアルバイトとして募集する場合の斡旋で失敗しない方法でした。